地デジでテレビ生活

地デジに乗り換えよう!

 

・TOP

・テレビ選び

・メリット


・ワンセグとは?

・Q&A
・FORM

 


地デジのQ&A

Q:地デジって何?
A:地デジは、2003年12月1日から関東・近畿・中京の3大広域圏で、地上波のUHF帯を使用して開始された「地上デジタル放送」の略称です。地デジでは、デジタルハイビジョンの高画質・高音質の映像や、双方向サービス、データ放送などを楽しむことができます。

Q:地上デジタル放送の仕組みとは?
A:地上デジタル放送は、生駒山や東京タワーなど、地上からUHF帯を使用したデジタル信号を送る放送形式です。UHFとは、Ultra High Frequency(周波数の意味)の略で、超高周波という意味。テレビのチャンネルは、1チャンネルから12チャンネルまでをVHF(Very High Frequency)、13チャンネルから62チャンネルまでをUHFと呼び、地上波デジタル放送は、このUHF帯域のチャンネルを使って放送されます。

Q:サイマル放送とは?
A:サイマル放送とは、2011年7月24日までは、アナログもデジタルも同じ番組が放送されることをいいます。デジタルテレビであれば、今のアナログ放送を視聴することもできますが、アナログテレビではデジタル放送の番組を視聴することができません。

Q:2011年(平成23年)にアナログ放送が終了するのはなぜですか?
A:2001年(平成13年)の電波法の改正により、アナログテレビ放送による周波数の使用は10年以内に停止することになりました。これを踏まえて作成された放送用周波数使用計画(チャンネルプラン)などでは、その使用期限を2011年(平成23年)7月24日、つまり計画変更の公示日の2001年7月25日から起算して10年目の日と規定されました。これによりアナログ放送は2011年の7月24日までに終了することになりました。

Q:データ放送とは?
A:これは地上デジタル放送の情報サービスです。交通情報や天気予報、番組情報などをデジタル放送電波にのせて放送します。

Q:地上デジタル放送を見るには何が必要なの?
A:必要なのは、地上デジタル放送対応テレビと地上デジタル放送用のアンテナが必要です。地上デジタル放送に対応 していないテレビでも、チューナーがあれば現在お使いのテレビをそのままご利用できます。

Q:地上デジタル放送は有料なの?
A:こんなにサービスが向上したから有料になってしまうのでは?と心配される方もいると思いますが、安心してください。アナログ放送同様無料放送です。
 
Q:今、使っているUHFアンテナで、地上デジタル放送を受信できますか?
A:地上デジタル放送は、UHF帯域で放送されます。現在お使いのUHFアンテナが、お住まいの地上デジタル放送局の受信チャンネルに対応していれば、そのまま使えます。(ただし、方向は合わせる必要があります)。対応していない場合は、UHFアンテナを交換してください。また、現在のアナログ放送の放送塔と地上デジタル放送の放送塔が異なる場合は、方向の変更もまた必要です。

Q:地上デジタル放送を録画したものは、ダビングできますか?
A:録画はデジタル信号で行われますが、画質や音質がほとんど劣化しないため、不正なコピーから著作権を保護するためにコピーワンス(1回だけ録画可能)機能が採用されています。「1回だけ録画可能」となっているデジタル放送を録画した場合は、他のデジタル録画機器にダビングできません。
(但し、ムーブ機能付きの録画機器なら、録画したハードディスクから他の記録メディアに移すことが可能です。この場合、元のハードディスクに録画されていたものは消去されます)

Q:共同受信施設に住んでいます。地上デジタル放送は見ることができますか?
A:施設が地上デジタル放送に対応した設備になっているかどうか、施設の管理者まで聞いた方がいいです。

Q:なぜ、地域によって視聴可能時期が異なるのですか?
A:デジタル放送を行うためには、全国すべての中継局も含めてデジタル化する必要があり、中継局数や中継ルートなどからも全国一斉にデジタル化することは困難です。
そのため、まず三大広域圏で先に開始することになり、その中でもアナログ周波数変更対策の進み具合に合わせて視聴区域を拡大していくことにしました。
地上デジタル放送は、アナログ放送の中継局が使っているUHF帯の電波を使うため、アナログ周波数変更対策の進み具合にあわせて親局電波の出力を上げ、段階的に視聴地域を拡大していくことになります。また地形などにより範囲や時期も変わってきます。
なお、現在視聴できる地上デジタル放送のエリアのめやすについては、地上デジタル放送推進協会のホームページでご確認いただけます。

Q:「ワンセグ」は携帯電話の通話可能エリアであれば見られますか?
A:「ワンセグ」は地上デジタル放送のサービスの一つであり、携帯電話とは異なる電波を使用していますので、携帯電話の通話エリアと「ワンセグ」の受信可能エリアは異なります。
また、地上デジタル放送のエリア内であっても、地形や建物などにより電波がさえぎられる場所や電波の弱い場所、トンネル・地下・建物の中など電波が届かない場所では「ワンセグ」が受信できないことがあります。

『地デジ 放送』 最新ツイート

@Zippo510

@unya_draw 因みに地デジでは4K放送はできません そこは注意していただきたいのと この間出た 君の名は。で4K作品が出てるので 4Kのテレビに変えて是非4K作品を楽しんでみてくださいね!

2時間前 - 2017年08月22日


@fkariya_kotorif

@mizu_nige 実はこちらもだいたい通じます。地デジ始まるまではケーブルテレビでですがえひめの放送局見てましたし。

2時間前 - 2017年08月22日


Favorite

2017/1/5 更新

 

T O P |テレビ選び |メリット | ワンセグとは? | Q&A

Copyright(C) 2008 地デジに乗り換えようAll Rights Reserved.